乳動画の奥深さを哲学的に語ってみれば

乳動画の奥深さを哲学的に語ってみれば
私達は女性のおっぱいが問答無用に大好きです。
問答無用ですからあれこれ理由を述べる必要も無く、自らの本能に任せ、十人十色どころか女性の人数分各々個性を放つ「乳」を、まずはその目で追い求めるべく、便利な動画配信にアクセスを続けてしまうのでしょう。
思春期の扉を迎える頃、同級生の膨らみ始めた胸元に、強烈な「何か」を感じて以来、私達は各種女性の裸体を写した写真や描かれた劇画に興奮を覚え、その昔成人映画と称された怪しげな作品を鑑賞すべく劇場へと足を運び、そして遂に悲願の現物とのご対面からの堪能を果たす人生を歩んでいます。
そんな最初のゴールテープを切った瞬間から、気づけば「乳フェチ」となった自身の第二章、すなわち新たなトラックを走り出す旅が始まっているのです。
新たな乳動画を1本観終われば、それだけ何かが広がり開け、よりバストと女性への愛おしさも募ります。
何やら哲学的な内容になってしまいましたが、私達はこの先たとえ老いの自覚が顕著になろうとも、こうした動画への興味を失う事は無いに違いありません。